スタッフインタビューINTERVIEW

伊澤 幸治

建築士 伊澤 幸治

どんな家に住みたいか、どんな暮らしをしたいかを理解し、それを実現するお手伝いをするのが私の仕事です。

伊澤 幸治

あくまで主役はこれからその家に住むお客様です。

経験を活かして専門的な空間作りのアドバイスをし、形にしたいと思っています。
私は建築士として図面を描き、家づくりを行いますが、あくまで主役はこれからその家に住むお客様です。その方がどんな家に住みたいか、どんな暮らしをしたいかを理解し、それを実現するお手伝いをするのが私の仕事です。

家を一軒建てるというのは、本当に大変な作業です。土地を選ぶことから始まり、その土地に応じて間取りを考え、外観や内観をどのようにするか決めていきます。実際にその家で生活するのに不便は無いかということも気にかけなければいけません。
そしてその他にも、お施主様はお金のことや引越しのことなど、決めなければいけないことが多くあるのです。
そのような大変さが伴うからこそ、家づくりを楽しく進められるようにということを一番に気を付けています。
お客様のご希望は可能な限り叶えたいですし、そのお客様に合った新しい提案をしたいと思います。そうすることで家を建てる楽しさを感じてもらえればという気持ちで、いつも打合せに臨んでいます。

今までたくさんのご家族の家づくりに携わってきたので、それらを振り返りながらアイデアを得ることも多くあります。やはり知識や経験は私の財産となっているので、それらを活かすのはもちろん、さらに増やして自分の技能を磨いていきたいと思っています。

家づくりは大変だけど、楽しいものです。
皆さまには、わくわくする気持ちや期待を大切にしながら、前向きにこれから住む家について考えてほしいと思います。そしてそれを形にするために、精一杯のお手伝いをさせていただきます。

スナップショット!
  • 形にするために、精一杯のお手伝い
  • 経験を生かした仕事
  • 一休み…
  • ロータリーのみんなと

前のページに戻る