スタッフインタビューINTERVIEW

大山 咲季

建築士 大山 咲季

何度家を創っても、「その方だけの場所」にしたい。家づくりについてたくさんお話して理想やアイデアを出し合い、ともにご家族の特別な場所を創っていきましょう。

大山 咲季

家が一番のお気に入りの場所になってほしい。

これから創る家が住む人にとって特別な場所になればという思いで家づくりに携わっています。
家は心と身体を休める場所であり、家族とのコミュニケーションの場所でもあります。人によっては趣味を楽しむ場所にもなります。
過ごし方は人それぞれ。でも誰にとっても、「明日も頑張ろう」と思える力を溜める場所だと思いますし、そうあってほしいと願っています。

打合せやコーディネートをするときは、その方がどのように家での時間を過ごすのかイメージします。生活リズムはどんな感じか。どんなふうに家族と過ごすか。どんなときに安らぎを感じるのか。
私たち建築士ができることは、設計によって暮らしの中で生じるストレスを軽減し、その方が暮らしの中で得るプラスのことをより大きくすることだと思っています。そのために家事をスムーズにこなせるような間取りを考えたり、そのご家族だけの特別な空間を作れるように心がけています。

好きなものやお気に入りが傍にあれば、嬉しくなったり安心したりするものです。家が一番のお気に入りの場所になってほしい。だからお客様とのお話は聞き逃しの無いよう、大切にしたいと思っています。

ご家族それぞれにその方だけの理想があり、まったく同じ家はひとつとしてありません。その方の理想を叶えたいと思い考えていくと、今まで自分の中には無かった答えが見つかることがあります。それはお客様の理想を実現することにつながるとともに、自分にとっても嬉しいことです。

何度家を創っても、「その方だけの場所」にしたい。家づくりについてたくさんお話して理想やアイデアを出し合い、ともにご家族の特別な場所を創っていきましょう。

スナップショット!
  • いつもにこやかで真面目!
  • コーディネート夢が広がる!
  • 可愛い文具が好き!
  • たくさんのお友達が来てくれました

前のページに戻る