MAGAZINE


ロータリーハウスマガジン

スキップフロアって何?その魅力と施工事例を紹介

2024.06.22

近年、住宅の建築において「スキップフロア」が注目を集めており、ロータリーハウスで注文住宅を建てられる方もスキップフロアを希望される方が増えています。スキップフロアを採用することで、ただ単にスペースを有効利用するだけでなく、家族全員が快適に過ごせる空間を創り出すことができます。この記事では、スキップフロアどのようなものなのかということからその具体的な魅力、さらには施工事例を交えながら、スキップフロアを取り入れた注文住宅の魅力をご紹介します。

スキップフロアとは

 

スキップフロアとは、異なる高さのフロアを段差をつけて配置する設計のことです。二階建ての場合は階段途中の踊り場のスペースを広く取って中二階としたり、平屋の場合はリビングの一角に設け、高さを付けることで視覚的な広がりを持たせたりと、その効果は様々です。

スキップフロアの魅力

視覚的な広がりと開放感

壁や扉で区切らないため、閉塞感なく居住空間を増やすことができます。また、段差を利用することで空間が広がりを持ち、実際の面積以上に広く感じることができます。また、フロアごとに天井の高さが異なるため、開放感を得ることができます。

空間の有効活用

スキップフロアは平面だけでは実現できない、空間の重層的な使い方ができます。例えば、スキップフロアの下部を出入りできるようにすることで、キッズスペースや収納として使用することができます。

スキップフロアを設ける際に気を付けること

動線の確保

スキップフロアを設けるには、動線の確保が重要です。各フロア間の移動がスムーズであることが、快適な住環境を実現する鍵となります。階段やステップの配置を工夫し、無駄のない動線を確保しましょう。

安全性の考慮

段差が多いスキップフロアでは、安全性の確保も重要なポイントです。特に、小さなお子様や高齢の方がいる家庭では、段差に手すりを設けるなど、安全対策をしっかりと行う必要があります。

照明の工夫

スキップフロアの各フロアは異なる高さに位置するため、照明の配置にも工夫が必要です。自然光を最大限に取り入れる設計や、間接照明を活用することで、各フロアの雰囲気を引き立てることができます。

スキップフロアを設けたお家の施工事例

書斎とキッズスペースとして使うスキップフロア

スキップフロアの上部をご主人の書斎として使う平屋の事例です。開放感はありますが、リビングと視覚的な空間を分けているので集中しやすく、アイデアも浮かびやすい場所です。下側はお子様の小さいうちはキッズスペースとして使用しています。

●施工事例を見る | 縦の広がりを愉しむ平屋

コミュニケーションの取りやすいスキップフロア

1階と2階の間の踊り場をスキップフロアにした2階建ての事例です。リビングとスキップフロアでお互いがそれぞれの時間を過ごしながらも、空間が繋がることで家族同士のコミュニケーションを取ることもできます。開放的な吹き抜けもポイント。

●施工事例を見る | 自由にアレンジを楽しめる家

ホテルライクな暮らしの中にあるスキップフロア

モノトーンを基調にホテルライクな暮らしを実現した平屋の事例です。スキップフロアには間接照明やブラケットライトを配置し、よりラグジュアリーな空間になりました。下側は収納として活躍。

●施工事例を見る | 縦の広がりを感じるモノトーンの平屋

スキップフロアについて興味がある方はロータリーハウスの無料相談会に参加してみよう

スキップフロアには空間の有効活用や視覚的広がりなど、多くの魅力があります。設計のポイントを押さえつつ、スキップフロアの魅力を最大限に引き出した注文住宅を叶えることで、より豊かな暮らしとなるでしょう。

スキップフロアについてもっと知りたい方は、ロータリーハウスの無料相談会へぜひご参加ください。これまでの事例も交えながら、お客様に最適の住宅を提案いたします。

 

●無料相談会の予約フォームはこちら

CONTACT US
ご予約・お問い合わせ

不安なことを解決しよう 家づくりは
そこからがスタートです