MAGAZINE


ロータリーハウスマガジン

家づくり暮らしの提案

アウトドア好きのための理想の家づくり | ガレージや土間収納、庭の活用術を紹介

2024.05.25

アウトドアが好きな方にとって、自宅もその趣味を楽しむための大切なスペースとなります。山や海でのアクティビティを終えて帰宅した時、道具の収納やメンテナンスがスムーズに行えること、そして自宅の庭で自然を感じながらリラックスできることは、アウトドアライフをさらに豊かにしてくれます。こちらの記事では、アウトドア好きのための家づくりのポイントと、実際に施工した事例をご紹介します。

ガレージの活用方法

アウトドア好きの方にとってガレージは、単なる車の駐車スペース以上のものです。キャンプ用品や登山道具、自転車など、大きな道具を収納する場所としても最適です。また、メンテナンスや洗浄ができるスペースを確保すると、道具の管理が楽になります。この章では、ガレージを設ける際のポイントを紹介します。

広さと高さの確保

大型の道具を収納するために十分な広さと高さを確保しましょう。特に自転車などは、壁に掛ける収納方法も検討できます。

作業スペース

作業台や棚を設置し、メンテナンスができるスペースを確保するとより便利に使えます。工具や部品を整理して収納できるように工夫しましょう。

防犯対策

アウトドア用品は高価なものも多いです。安全に保管するため、シャッターを設けるなどでしっかり防犯対策もしておきましょう。

土間収納の活用方法

土間収納は、家の中と外を繋ぐ便利なスペースです。汚れた靴や道具を家の中に持ち込まずに済むため、清潔さを保つことができます。この章では、土間収納を設ける際のポイントを紹介します。

収納棚とフックの設置

さまざまな道具を整理するために、用途に合わせた収納棚やフックを設置すると便利です。頻繁に使用するものは手の届きやすい場所に、季節用品は高い場所に収納しましょう。

収納力重視の場合はウォークインタイプを選ぶ

一般的に土間収納は一箇所から出入りする「ウォークイン」のタイプと、出入口を二か所以上設ける「ウォークスルー」タイプがあります。

ウォークスルータイプの場合は人が通り抜けられるため帰宅時の動線がスムーズですが、その分収納力としてはやや劣る部分があります。大型の物や数を多く収納したい場合はウォークインのタイプがおすすめです。

庭の活用方法

アウトドアが趣味の方にとって、庭は自宅でも自然を楽しめる貴重なスペースです。バーベキューやリラックススペースとして活用する方法を紹介します。

バーベキューエリアとして

家族や友人とお家アウトドアを楽しむためのバーベキューエリアを設けます。お家の北側に設けると暑い太陽の光が入って来にくいので、夏場でも快適にバーベキューを楽しめます。

リラックススペースとして

ハンモックやアウトドア用の家具などを配置し、自然の中でリラックスできるスペースを作ります。夜には焚き火を囲んで星空を眺めるというのも素敵ですね。また、ガーデニングなどをして植物に癒されるのもよいでしょう。

アウトドア好きの方が建てられた実際の施工事例

アウトドア用品をまとめて収納できる広いガレージ

 

車1台に加え、バイクやアウトドア用品もゆったりと収納できるスペースを確保。出入口は玄関土間と庭側にも設けており利便性も抜群です。

●施工事例を見る | 晴れの日が似合うガレージハウス

サーフボードをディスプレイするように収納できる土間収納

 

サーフィンが趣味のお施主様。玄関奥に設けた土間収納には趣味のサーフボードやアウトドア用品が並びます。車から収納までが一直線なので片付けも便利に。

●施工事例を見る | サーフボードが似合うカリフォルニアスタイルの家

広い庭で本格的なアウトドアを楽しむ家

 

家族や仲間と一緒にバーベキューをすることを想定して配置した北側の庭。建物の影になるので夏場も日除けが不要です。

●施工事例を見る | アメリカンスタイルの平屋

趣味のアウトドアをお家づくりに取り入れたい方はロータリーハウスの施工事例を見てみよう

アウトドア好きの方のための家づくりは、趣味を最大限に楽しむための工夫が満載です。ガレージや土間収納、庭を有効に活用することで、快適で機能的な暮らしを実現できます。ロータリーハウスの施工事例を見ながら、自分のライフスタイルに合った家づくりを検討してみてください。

 

●ガレージハウスの施工事例を見る

●土間収納の施工事例を見る

●庭・中庭の施工事例を見る

CONTACT US
ご予約・お問い合わせ

不安なことを解決しよう 家づくりは
そこからがスタートです